カウンター

次回は…12121 ・14141 etc
キリ番踏まれた方はご連絡くださいませ♪ささやかながら記念品を贈らせていただきます♪自己申告でどうぞw
最新記事
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
プロフィール

L Liu A

Author:L Liu A
激動の半年(2012)
それが終わろうとしている中、久しぶりにこちらを動かします
HNは、もう以前のものとは違います
ここではなんと名乗りましょうか
仮にL Liuとしておきましょう
たぶん記事は昔のように頻繁には上げられないと思います
あしからず

Others
マヤ暦
08.13
太陽の紋章:白い風 WS:青い嵐
KIN82
チャクラコード:2系 音:4
■Healing Angel Symbols カードお引きします■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と私

f8bf301f17ac62992a64-LL.jpg


先日、こんなことがあった
毒出しである
某所の花粉症の記事を読んでいたら、ふと書く気になった


私はどうやら…父に認められたいという欲求があったらしい
ご存知の通り、求職の身である私はここ半年以上、いわゆる定職というものについていなかった
そんな私に父は、今までの音信不通の分もあるのだろう、やたらと世話を焼いてくれた
親子の関係というのは、気がつくと「過ぎる関係」になりがちらしい
私も快い報告ができないことに多少の後ろめたさがあったのか、実は妥協の選択を打ち出そうとしていた
それは長期に及べば、今までのジレンマを更に繰り返す形になる
それは判っていた
でも結果を急ごうとした


友人にただ仕事の報告をしただけだったかと思う
それなのに気がついたら、ボロボロ涙が出てきたのだった
その感情は納まるどころか爆発した
そして奥の方から姿を現したのが、父への感情だった
まさにインナーチャイルドである
癒しきれていない、自分自身である
子どもはしゃべり続けた
子どもの頃の体験、そして今この現状に対する不満
しゃべり終え、私自身に自覚させることで子どもはいったん姿を消したけれども


数日経って振返ってみて…
あそこで解消しておいてよかったと思った
親というのは、子どもに本当に沢山の影響を与えるのだなぁと唖然とするばかりだ
私は人の親にはならなかったけれども
今まさにその道にいる多くの友人たちへ
どうかしっかり向き合ってあげてください
安心できる場所を与えてあげてください
それだけで子どもは、きっと自分の道を探し出せるのだから


スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

リンク
検索フォーム
ご紹介

ハイヤーセルフ・リーディング

マヤ暦

おもしろ前世診断

なにが見えてる?メッセージカード

あわせて読みたいブログパーツ

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ


右下のダイヤルマークでお好きな国を選択できます

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。