カウンター

次回は…12121 ・14141 etc
キリ番踏まれた方はご連絡くださいませ♪ささやかながら記念品を贈らせていただきます♪自己申告でどうぞw
最新記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

L Liu A

Author:L Liu A
激動の半年(2012)
それが終わろうとしている中、久しぶりにこちらを動かします
HNは、もう以前のものとは違います
ここではなんと名乗りましょうか
仮にL Liuとしておきましょう
たぶん記事は昔のように頻繁には上げられないと思います
あしからず

Others
マヤ暦
08.13
太陽の紋章:白い風 WS:青い嵐
KIN82
チャクラコード:2系 音:4
■Healing Angel Symbols カードお引きします■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我の功名

o0640048012467674070.jpg


木曜日は、突発のお休みを戴き、大宮駅周辺で友人二人とのんびり過ごしていました
私の原動力と言えば、まず遊ぶことです
当初、同行の友人は池袋を提案していたのですが、急遽大宮・氷川大社がメインになりました
なんのことはない、私が朝にゲーム画像をFacebookにUPしたからだそうで…


SUSA.jpg


これはGREEの百神~ひゃくかみ~というゲームなんですが
私は只今ようやっと日本の神様3柱解放したところでして
お気に入りの神様を、自分のメインにすえることができるのですが
私は、スサノオノミコトを置いているんですよ
スサ様と言えば、氷川大社の御祭神ということで、友人はピンッときたそうです

o0640048012467574880.jpg


私が友人たちと会う時というのは、大なり小なり変化があった時でして
ちょうど前日、あることに気がついたのでその確認ということだった様です
もちろんその為だったなんてことは、自宅に戻ってから気がつくのですけれどもね?w
今日は空が高くて青いなぁとか、あんな高いところに花が咲いているよとか、いつもと少しばかり視点が違う
そういう時は人間、何かに気づくのですよ

o0640048012467674122.jpg



おなじみの氷川大社であっても、何かいつもと違う
実際、今まで行ったことのない摂社に詣でたり、少しばかり変化がある
拝殿では珍しく「問いかけ」をしたのですが、帰り道にヒントというか安心材料を戴きました
その話はまた改めてするということにして


o0640048012466656924.jpg


o0640048012467674280.jpg


大宮ルミネ内のLanaiという、ハワイアンな料理を出すレストランへ
お皿やらなにやら、ちょっと小物が面白可愛いです
砂糖も、一つ一つアメのように袋に入っています(ロゴ入り)
そこでちょっと友人たちの見解を聞いたりして、自分の中の「?」は更に解消されました
これで安心して「話し合い」に臨めます、はははw


o0640048012466672318.jpg



すべては一筋縄ではいきませんが、だからこそ面白いのです
順風満帆なんてのは、正直刺激がなくつまらない←
ふっふっ、一度死のうと思った人間はやっぱりサバイバルには強くなるようです
細かい話は、すべてが動きましたら改めてw






テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

サクラサク裏話

o0320024012451076907.png


希望のところに仕事決まりました
なんと、パワーストーンの個人店舗です! 自分も驚いた
売り子もやりますが、デザイン関係やイベントの企画出し、色々やることがある様子です
もしよろしければ、こちらを見ている方
遠慮なく問い合わせください
15日オープンということでまだまだ業界駆け出しなんですが、ご招待はがきなぞ出したいと思います
メッセージの方からお問い合わせください



さて、ここに決まるまでの道のりをざっと書いておきたいと思います
日々仕事アルバイトを続けること数ヶ月
正直疲れ果てておりました
覚えることもさほど無い…ということは、誰がやってもいい仕事
それを続けていると人間なんだかむなしくなるものです
それまでが技能を必要とする仕事であり、人間関係にも気を使って過ごしていたせいなのか
その落差、仕事に上下は無いといっても、でもあまりの質の違いに疲れていました
失業保険の受給も1月末を以って終了し、ハローワークでの扱いもそこを境に窓口の対応も変わる
打ち消そうとはしましたが、去来するのは「不要な人間??」
よく日曜のドキュメンタリー番組などで目にする仕事をしない人達
なんとなく後ろめたいような、そんなこと感じる必要はないわけですがね?
実際はアルバイトはしてましたから
でも、やっぱり自分の中で拭いきれていませんでした


昨日友人と電話で話していたのですが、友人の旦那が盛んに「○○さんはコチラに来ないのか」とある時期言っていたそうです
なんとそれは…私が今まで考えもしないようなことを鬱々と思っていた時期にかぶりました
彼は無意識で口にするそうですが、それがあまりに時期がどんぴしゃで怖い程でした
私は生まれてこのかた、自殺ということを考えたことがなかった
それは亡き母がうつ病を患っており、小さな頃から彼女の独り言「死にたい」を聞かされていたせいでした
つまりそれが私にとってのストッパーになっていたのです
その生への意欲、唯一の留め金が外れかけた時期があったのですよ
よくドキュメンタリーで中心の人物が苦しんで迷っている場面がありますよね
今まではそれを窓の向こうから眺めていたところがあった
だけれども…(苦笑) 私がその人になろうとは!
とてもとても辛いですね…それがこの年齢になってよく解りました
自分ではどうすることもできないのですよ
いや、実際はスピリチュアル的には、全部自分の創り出したもの、私もそれは解っています
が、苦しいのです
よく手放せとか、その類の言葉をこちらの世界では言いますよね?
でもそれは、そう簡単に誰でもできるものではないです


o0320024012451318081.png



これも友人と話していて気付いたのですが
手放すってどんな感じって、どこのブログを見ても本でもあまり書いてない
ただ『手放す』
そんなもん、解るわけないじゃないですか(苦笑)
文字で書いてくれなきゃ解らないって人いますよね
私も、なんとな~~く解っていたんですが、文字では書いたことがなかった
だからここに書いておきますね?
あくまで、私の感覚ですが

まず、とにかく頭の中に何もなくなる、そういう感覚がありました
ただ呼吸をしているというだけの状態です
ずっと頭で考えていたこだわっていた何かが抜け落ちるんですよ
ちょうど瞑想しているような感じです
(だから瞑想をよくやっている人というのは、日常的に慣れているのでこの感覚は掴みやすいのかも)
次に新たな感情が沸いてくる、そんな感覚がある
そしてそれを考えた時、無性に希望と云うか楽しくなるんですよ
よし、何か掴まえた!そんな小動物を愛でる感覚 宝物を手にした感覚 クエストの達成感?


ゴミ箱を空にして、その空きスペースに新たなものがやってくる
そういえば解りやすいかもしれません
その一連のことが、一瞬にして起こります
私の場合、その手放しの扉の鍵は父親でした
詳しくは一つ前の記事をご覧ください
一見すると仕事のこととは関係が無さそうですが、子ども時代に私が彼から受けた色々なものが鍵になっていました
でもそれは彼が悪いとかそういうことではないのです
そんな単純なものではありません
でも案外人間は、深層心理にそんな秘密の小部屋の鍵を持っているのです
一度私はこの扉の鍵について、実は以前チラッとある方から教えてもらっていました
しかしこの鍵、扉、時期が来るまでは使うことができないようです
おそらくあの時点で彼女が親切に教えてくれたとしても、私には実感が伴っていませんから中途半端な扉の開き具合で終わってしまったことでしょう
これは一気に終わらせる必要があったみたいなのです
結構危ないです
まるで火のような負の感情、なぜこうなんだという子どもの様な怒り
ヒプノセラピストや心理系カウンセラーの方おりますが、こういう時その類のプロの方がいると私の様に自殺願望が上がってきたりすることもないのかもしれません



やっと一つのミッションは終了を迎えました
もちろんこれからもいろいろな「手放し」の場面がやってくるでしょうね
生きている限り、それは何度も訪れる
私は離婚・転職を選んだところで終わっているのかと思いましたが…

甘かった!!(爆)

あなたにはラファエルがついていてくれるのよだったかな?
種類として言ったかな?
その父のことを教えてくれた方がおっしゃっていました
とうとうラファエルの術中に落ちました
多少悔しい気もしますが、この道で行こうと思います
改めましてよろしくお願いいたします!




テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

父と私

f8bf301f17ac62992a64-LL.jpg


先日、こんなことがあった
毒出しである
某所の花粉症の記事を読んでいたら、ふと書く気になった


私はどうやら…父に認められたいという欲求があったらしい
ご存知の通り、求職の身である私はここ半年以上、いわゆる定職というものについていなかった
そんな私に父は、今までの音信不通の分もあるのだろう、やたらと世話を焼いてくれた
親子の関係というのは、気がつくと「過ぎる関係」になりがちらしい
私も快い報告ができないことに多少の後ろめたさがあったのか、実は妥協の選択を打ち出そうとしていた
それは長期に及べば、今までのジレンマを更に繰り返す形になる
それは判っていた
でも結果を急ごうとした


友人にただ仕事の報告をしただけだったかと思う
それなのに気がついたら、ボロボロ涙が出てきたのだった
その感情は納まるどころか爆発した
そして奥の方から姿を現したのが、父への感情だった
まさにインナーチャイルドである
癒しきれていない、自分自身である
子どもはしゃべり続けた
子どもの頃の体験、そして今この現状に対する不満
しゃべり終え、私自身に自覚させることで子どもはいったん姿を消したけれども


数日経って振返ってみて…
あそこで解消しておいてよかったと思った
親というのは、子どもに本当に沢山の影響を与えるのだなぁと唖然とするばかりだ
私は人の親にはならなかったけれども
今まさにその道にいる多くの友人たちへ
どうかしっかり向き合ってあげてください
安心できる場所を与えてあげてください
それだけで子どもは、きっと自分の道を探し出せるのだから


テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

気構え

o0640048012364881289.jpg



5日は以前から何かとお世話になっているMOMOさん、そしてワンコ繋がりでちょっと色々判ってしまう友人とMOMOさんのサロンで久しぶりの集合だった
表向きは、2013をマナカードで見てもらう、ということだけれども
その中心は、雑談の中にあったなぁ



MOMOさんの現役占い師(銀座で占い師をしている)としての話はとても貴重だった
求められるもの、気構え、雑談の中から拾うと本当にためになったのだ
マナ・カードというとハワイ、だから占う側も雰囲気的に穏やかな感じの人
私の中にはそんなイメージがあったのだが
でもそこにはやはり嫉妬や妬みを抱く人が存在すること
生霊話はショッキングではあったけれども、やはり人が関わる以上そういったものは避けられないのだなと感じた
仲間同士でそんなことは嫌なものだけれども、それを仕事とした時に、普通の会社と同じわけである
確かに私の前職である葬儀会社にもあったものなぁと振り返ってみたりした



あと心に残ったのは、やはりアウトプットの大切さである
同行した友人には、他者の死期が見える能力があるが、そのことについての対処法
これは特殊な例ではあるけれども、置き換えれば誰にでも言えるのである
こういったものは、外に良い形として出力、使っていくことによって自身のストレス軽減になるらしい
それと同時に相応の言葉を使うことによって、相手のケアにも繋がるのだ


o0640048012360526563.jpg



これは私の新年に引いたおみくじ
なかなかすばらしいことが書いてあった
「手柄を手柄としない」縁の下の力持ちである
これは私が密かに望んでいた形である
12星座が獅子座で、とかく派手に動くイメージがあるけれども(夏子どもだし)、将来的に誰かの支えになる、それもあまり相手に意識させないでそれができる
これこそ理想である
それをするには、自身がまず満たされること
好きな趣味を充実させる、それが続けられる環境
陽気なマナ・カードにも、そんな様子が少し出ている
(私はこのカードの持つ、底なしの明るいイメージが好きだ さすが南国カード)
望むところに自分を向かわせるのは、もちろん私自身である
エンジェル・シンボルのカードを使うにあたってのヒントも頂いたので、目標立ててしっかりやってみようと思った2013事始めであった


テーマ: 心のつぶやき
ジャンル: 心と身体

恐れ

aed4caec823ff5a8.jpg


昨日、たまたま行った趣味の温泉サイトで、「温泉ソムリエ」の批評なぞ読んでいた
以前行きたい、行きたいと思っていて、今はそうでもない←神奈川のある温泉
そうだった、あそこはどう批評されているのかな?というわけで早速覗いてみた
そこは波動を受けられるのを売りにした温泉だったわけだけれども
一刀両断である、こうあった

「いささかカルト趣味に走っている嫌いがある」

「館内にも、よくわからないコーナーが多い」


この男性の温泉ソムリエさんは、プロフを見ると普通の会社員さんだ(たぶん)
純粋に温泉を楽しみに来たけれども、ちょっと…ということだろう
この記事を読みながら、私は過去を振り返った


以前私は精神世界に入る時に、それまで付き合いのあった動物関係の仲間やLIVE関係の仲間から離れたという過去を持つ
それは、彼らの方から離れたわけではなく、私の恐れがそうさせたのだ
距離を取り、「おかしい奴」というレッテルを貼られない為に
今、彼らのもとに戻り、以前と同じ様に交流を持ち、むしろ楽しく過ごす日々の中で私は思う
(全員ではないけれども、変わった私を受け入れてくれる友は案外多かった)
恐れを捨てて、ありのままで心から交流すれば、何も敬遠することはないのである
それから…あともう一つ…
群れを作ることを目的とする場合、不要な恐れは生まれやすい
ならばそんなものは頭から消し去ればいいのだ
(まぁ、なかなかできなかったけれども・(苦笑))


o0640048012351072807.jpg



例えばこんなケーキがある
先日大宮駅の「えきなか(エキュート)」で買ってきたものだが
名前をラファエルという
今は、これからだってメッセージをもらうことができる
ずっと前は、ケーキはケーキでしかなかった
以前の生活と、今と…どちらがいいのかと問われれば、こちらの方が数倍楽しい
そう、楽しい
すべてはそこにあるのではと思う
不要な恐れ、重荷、もうそれに縛られている時代ではないのだ
2013は、思う存分飛び回るつもりだ






テーマ: スピリチュアル
ジャンル: 心と身体

リンク
検索フォーム
ご紹介

ハイヤーセルフ・リーディング

マヤ暦

おもしろ前世診断

なにが見えてる?メッセージカード

あわせて読みたいブログパーツ

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ


右下のダイヤルマークでお好きな国を選択できます

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。